スポンサーリンク

初めて犬を飼う前に知っておいてほしいこと

愛犬と幸せ家族になる方法
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人

キャンピングカーで年間100泊以上愛犬と旅をしています / 「愛犬と幸せ家族になる方法〜PHP文庫」著者 / 大学・通信教育系企業でペットビジネス関連講座を担当 / ドッグサロン、トリミングスクール経営 / Voicy「キャンらじ〜穏やかに生きる」パーソナリティ / YouTubeチャンネル「キャンピングカーのある暮らし」配信中

はじ丸(Kazuo Ando)をフォローする

 

はじ丸(@hajimaru2017)です。

のっけからつらい話をします。
よほどのことがない限り、愛犬は私たちより先に逝きます。
見送る日が必ずきます。

その日はもう悲しいなんてものではありません。
親不孝ものだと叱れれそうですが、私なんて愛犬が亡くなるたびに父が亡くなった時の10倍は泣きます。
それも毎回、人目を憚ることなく棺にしがみついて嗚咽を漏らしてしまいます。還暦にもなってです。

近年、犬の平均寿命は飛躍的に伸びていますが、それでも13歳〜15歳。
仕事柄たまに20歳を超えるご長寿犬を見ますが、それでも20年です。
まずはその必ずやってくる悲しみと喪失感を受け入れる覚悟を持って下さい。

最期まで面倒を見るということの意味

一緒に過ごす十数年間、家族として最期まで面倒を見る覚悟も持って下さい。
十数年間は短いような長いような、でもその間にあなた自身に何があるかもわかりません。
人生はつらいもの。
今はまさにコロナ禍、勤めている会社が経営不振に見舞われている方もいるでしょう。
無事コロナを乗り切ったとしても、バブル崩壊やリーマンショックのような事態が起きるとリストラの嵐が吹き荒れることもあります。
窮地の時には家庭が崩壊することも稀ではありません。

そんな時でも愛犬は側に寄り添って無償の愛を与え続けてくれるのです。
あなたが自暴自棄になり誰も信じられなくなったとしても、あなたに寄り添って唯一の味方になってくれます。

だから、たとえあなたの身に何が起きたとしてもどんな苦境に立ったとしても、最期まで面倒を見ると覚悟を持って下さい。
どんな覚悟がいるのか。
次に具体的に書いていきます。



お金〜愛犬にかかる費用

まず、きっとあなたが思っている以上にお金がかかります。

ドッグフードやおやつやおもちゃ代はもちろん、毎年のワクチン接種、突然の病気にかかる治療代、犬種によってはトリミングも必要です。
今は犬の服だってすごく高い。
間違いなく私がきている服より高級です。

犬との生活にかかる費用は平均で年間30万円と言われています。
犬の一生が15年とすると総額450万円、月に換算すると2万5千円、1日当たり830円、安いランチセットよりかかります。
でもこれは、あくまでも平均です。

ご参考までに、下の表は愛犬家5,000人を対象にした、犬の大きさ別年間費用調査の結果です。ペット保険の日本最大手、アニコムさんのアニコムユーというサイトから拝借しました。↓

引用元:anicom you

最も覚悟していただきたいのはやはり病院代でしょう。
先日うちの愛犬雪子(スタンダードプードル14歳女子)が骨肉腫と診断されました。
その診断にかかった検査代、骨肉腫の切除手術、その2つだけで70万円でした。

さらにこれから抗がん剤治療が始まります。
一回2万5千円ほど。それが十回。
その間投薬もしていますから、トータル約100万円です。

まずは経済的な覚悟が必要です。

愛犬との暮らしに必要な労力

お金だけではなく、労力も必要です。
犬種によっては、どんなに雨が降っていても散歩に出かける必要があります。
台風であろうと大雪であろうと、二日酔いでヘロヘロになっていてもです。
散歩が必要な犬種は意外と多いのです。

それからこれが最も重要ですが、犬たちの平均寿命が伸びた分、介護が必要な犬たちも急激に増えてきています。
あなたが愛犬の介護をすることになる可能性は高いのです。
もし愛犬が大型犬だったとしたら、移動はもちろん食事や排泄にかかる労力はかなりの負担になるでしょう。

昨年亡くなったうちの愛犬さくら(ラブラドールレトリバー享年16歳)も晩年は寝たきり生活でした。
体重が約25kgでしたから、病院に行くのも夫婦二人で抱えていき、食事や排泄の時も身体を支える必要がありました。
私たち還暦夫婦にはなかなかの重労働で、もう今後大型犬は家族にできないと思い知らされた経験でした。

愛犬との暮らしには相当の労力も必要です。

犬を飼う前にするべきこと

覚悟ができたとして。
犬を飼う、家族になると決めたなら、上記のことから分かるように犬種選びはとても大切なことです。

あなたに合った犬種を選ぶのがその第一歩。
お散歩はどれくらい必要か、トリミング、大きさは、保護犬か子犬か、とにかく熟考して下さい。
ペットショップで一目惚れして衝動的に飼ってしまったりすると「こんなはずじゃなかった」となることが多いのです。
そうなると不幸なのは犬です。
こんなはずじゃなかったのは、人じゃなくて犬の方。

今は保護犬活動をされている方も多く、できれば保護犬を迎えてあげることも選択肢に入れて下さい。
どうしても血統書付きの子犬をと考えるならペットショップではなく、ブリーダーさんに直接問い合わせてみることをおすすめします。
インターネットで「犬種 ブリーダー」で検索するとたくさんヒットしますし、ブリーダーさんの評価が付いているサイトもあります。



今回のまとめ(犬を飼うための予習と準備)

犬種を決め、縁のある犬と出会い、家族になったとします。
今度は犬に家族のルール、人間社会のルールを教えないといけません。

そのための予習を犬を迎える前にして下さい。
犬たちの習性について詳しく知っておく必要があります。

今後こちらのブログのこの「愛犬と幸せ家族になる方法カテゴリー」では、その予習に必要な項目を順にご紹介し解説していきます。

拙著です。↓

今回はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸