車中泊で観るAmazonプライムビデオのおすすめ〜韓流ドラマ「奇皇后」

Amazonプライムビデオ
この記事は約4分で読めます。





この記事を書いた人
はじ丸

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2018年2月から趣味の車中泊ブログも始めました。

はじ丸をフォローする

目標!全国制覇!今まで行ったところ↓

車中泊スポット(GoogleMyMaps)使い方地図に表示のピンマークが車中泊スポットです。
赤ピン:行ってよかった道の駅or駐車場
黒ピン:行ったけどパスした道の駅
緑ピン:SA/PA
青ピン:キャンプ場(オートキャンプ場)
 

①探しているエリアを拡大する。
②気になるスポットを見つけたら、ピンマークをクリック(タッチ)。
③地図の左側に説明欄が出ます。

おはこんばんちわ、はじ丸(@hajimaru2017)です。

5年ほど前の作品で今さらですが、普通のドラマに戻って慣れるのにちょっと時間がかかったくらい、ものすっごく濃い超大作です。

騙し騙されの化かし合い。
昨日の敵は今日の友、今日の友が明日の敵。

敵なんだか味方なんだか、黒幕だらけで、人間不信ここに極まれり。
これぞ「ザ・魑魅魍魎」ドラマです。

「ああそうか、この思想が根本になって今日の中国も韓国も成り立ってるんだ」と、昨今のきな臭い隣国との諸々も、これで得心しました。

 

はじ丸
はじ丸

日本の戦国時代のそれとは、明らかに色が違うんだよーー

 

政治家の皆さんはぜひこのドラマをご覧になられて、外交を考え直してください。

スポンサーリンク

あらすじ

まずWikipediaでさらっと。↓

14世紀中期、高麗から「貢女」としてに入り、順帝の皇后となった奇皇后(生没年不詳)の生涯を描いた作品。実在した人物ではあるが、その生涯は一切不明であるため、物語は登場人物を含めて史実の他、多数の創作を交えて構成されている。中国横店影視城でロケも行った[3]
放送開始から高視聴率を記録、主人公を演じたハ・ジウォンが2013年MBC演技大賞を受賞し、また他の部門で7冠を獲得した。

引用:ウィキペディア

 

とにかくスケールがバカでかいドラマです。

全51話の超大作なので、この記事内で全てのあらすじとか書けるものではありません。

そこをあえて簡単に書くとしたならば、母を殺された主人公(ハ・ジウォン)が、復讐を果たしていくうちに皇后の座まで登りつめていくお話。

予告編

とやかくいうより、これを観るのが手っ取り早いです。
ここに載せるのに初めて見ましたけど、もう一度観たくなりました。

きっとあなたも観たくなるはず。笑

予告編(日本語解説付き)1分50秒ほどです↓

 

皇帝がまたバカなんだけど男前なんですよ。

でもね、何より、タルタル。

 

カッケー。

声といい、立ち振る舞いといい、性格といい(そういう役なだけですけど)、女子は間違いなく惚れますね。

いや、ひょっとしたら私ですら今会ったらドキドキするかも知れない。
現に、ドラマを見終わったあと、タルタルの動画を探して見まくりましたから。

タルタルロスです。

タルタルソースみたい。

韓流ドラマというやつは、どうしてこうもどっぷりハマってしまうのでしょうか。

思うに、シンプルだからじゃないかと。
このドラマでも、つまりは水戸黄門や必殺仕事人の、憎さが募り募って最後にバーン!と、大どんでん返しの復讐劇なわけです。

内容は魑魅魍魎ですが、ドラマ全体で見ると実にシンプルな作りになっているというか、その辺が最近の日本のドラマにはないところかなと感じるのであります。



まとめ

とにかく超おすすめです。

これ icon-hand-o-right  「奇皇后」〜シーズン1

見終わった後、これを観るとホッとしますよ。メイキング(日本語解説あり)↓

 

超大作でハマること必至ですから、もし車中泊時にwi-fiで見るなら通信制限をちょっとだけ注意しないといけません。

以前、失敗しました。↓

関連 icon-hand-o-right  Amazonプライムビデオの映画ドラマ見放題に潜む罠〜通信制限を気にせず観る方法 | はじまる.com

こんな素晴らしいドラマが見放題って、Amazonプライム様々です。

まだプライム会員でないなら、他にも特典山盛りですから入っておいて損はありません。

Amazonプライム公式ページ

プライムビデオはこれ icon-hand-o-right  Amazonプライムビデオ

 

はじ丸の車中泊スポット記録↓

車中泊スポットMAP&一覧

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸