仕事用NV350キャラバンを10分で大型犬2匹連れ車中泊仕様にする手順

おすすめグッズ
この記事は約5分で読めます。





この記事を書いた人
はじ丸

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2018年2月から趣味の車中泊ブログも始めました。

はじ丸をフォローする

目標47都道府県制覇!今まで行ったところ↓

車中泊スポット(GoogleMyMaps)使い方地図に表示のピンマークが車中泊スポットです。
赤ピン:行ってよかった道の駅or駐車場
黒ピン:行ったけどパスした道の駅
緑ピン:SA/PA
青ピン:キャンプ場(オートキャンプ場)

①探しているエリアを拡大する。

②気になるスポットを見つけたら、ピンマークをクリック(タッチ)。
③地図の左側に説明欄が出ます。

 

おはこんばんちわ、はじ丸(@hajimaru2017)です。

 

はじ丸
はじ丸

キャンピングカー欲しいなぁ…

 

言い続けて5年は経ちますが、未だに乗っているのは日産NV350キャラバンです。

日々の仕事に必要なので、なかなか手放せません。

仕事用と別にキャンピングカーを買えばいいじゃない、という金持ち父さんの声が聞こえそうですが、しがない自営業にはとてもじゃないけど2台分の維持管理費は重い。

ただ、ベッドキットを付けた以外ノーマルですが、それはそれでレジャー車中泊の目的でもある「不便を楽しむ」という意味では想定以上に満足しています。

そこで、この記事では仕事兼用の日産NV350キャラバンで車中泊をするにあたって、個人的に絶対譲れない条件と、10分で仕事車から車中泊仕様に変身させる手順を紹介します。

この記事をざっくり

  • 普段使いの車で車中泊を楽しむ
  • ベッド展開は面倒なのでほぼ常設
  • 収納場所の確保
  • 仕事仕様から車中泊仕様へ10分で済む手順
Advertisements

車中泊車に求める3つの絶対条件

車中泊に欲しい設備機能を求め出すとキリがないですし、全てを置くスペースもありません。
最低限いくつ必要かを絞って絞って、これ以上絞れないほど考えたら、3つだけになりました。笑

仕事と兼用、普段使いができる

メインの仕事はドッグサロンで、トリミングやペットホテルのお犬さまたちの送迎がつきものなんです。

15年間、毎年25,000km以上、ちょっとした運送業並みに走っています。
地球の円周が4万kmらしいので、この10年で6周以上回ったことになります。。

その送迎をキャブコンで、しかも店の名前入りで回ったりした日にゃ、もうそれは昭和のチンドン屋じゃないですか。

だから、遊びたい一心でキャンピングカーに買い替えるわけにもいきません。

普段仕事にも使え、夫婦2人と大型犬2匹で車中泊ができる車にと、買ったのが日産NV350キャラバンなんです。

ほんとうはハイエースがよかったんですが、奥の学生時代の友人が日産の支店長をしている関係で、仕方なくキャラバンにしました。

猛烈に値引きしてくれるから嬉しいんだけど、本当は大のハイエースファンなのです。

 

はじ丸
はじ丸

ごめんよぉ〜。( ̄▽ ̄)

ベッド展開が楽(常設に近い形が理想)

車中泊経験者の方ならわかると思うんですが、ベッド展開が思いの外めんどうくさい。

できれば常設で、眠たくなったらバタンと寝られるのが理想です。

そこでベッドキットだけは、NV350専用のものを買いました。

仕事の時はこんなで↓

 

わんこ用のケージを降ろして

 

パタンと展開して広げたらこんなになります。

 

後部座席はそのままで、これで大人2人、余裕で寝ることができます。

ちなみに、後部座席と運転席助手席もリクライニングするとほぼフルフラットで使えるのですが↓

 

最初だけ嬉しくてやってただけで、最近は面倒で全くしなくなりました。



収納場所が多い

これも車中泊をしてみてから痛感したことですが、収納場所は出来るだけ多い方がいいですし、できれば段取りよく収納したいものです。

NV350キャラバンの場合、ベッドキットの下部はすべて収納スペースになります。

これが案外広くて、いろいろ置けます。

 

が、いちいち車を降りて荷物を出さないといけないというデメリットがあります。

そのデメリットを少しでも少なくする工夫もしました。(次の項目の動画)

自作DIYより簡単な車中泊仕様

生来面倒くさがりのダメダメ男で、DIYとか苦手なんです。

それでも車中泊は普段使いの車で楽しみたい。

ということで、そんなダメ男が仕事仕様から車中泊仕様へ帰る手順を動画にしました。

ぜひ、ご覧ください。↓

 

ベッドキット等仕様グッズの詳細はこのブログ記事で。

これ icon-hand-o-right キャラバンNV350で車中泊〜ベッドからバッテリーまで初心者が買ってよかったグッズ一覧 | 車中泊LOVE

キャラバンNV350で車中泊〜ベッドからバッテリーまで初心者が買ってよかったグッズ一覧
管理人の愛車はキャラバンNV350プレミアムGXです。 3年ほど前、仕事と車中泊兼用を目的に購入しました。 この車を買ってから始めた”愛犬と車中泊”に、今ではどっぷりハマっています。 これから車中泊を・・・と考えられている方へ「これ!あったほうがいい!」というものを紹介したいと思います。目次ベッドキット カーテン(サンシェード) LEDルームランプ テーブル ポータブルバッテリー インバーター カセットコンロ 五徳 クッカー カセットガスファンヒーター クーラーバック 網戸 キャリア タープ(テント)

まとめ

ベッドキットはこのタイプです。(アマゾンに全く同じものがありませんでした)

 

また、上で紹介した3つの条件以外に、やはり車中泊にポータブルバッテリーがあるとないでは大違いです。

特に冬ですね。電気毛布を一晩中つけておけるのは助かります。

2月に行った高知県でも大活躍でした。

これ icon-hand-o-right 高知県で車中泊〜温泉と海の幸三昧「道の駅なかとさ」に行ってきた | 車中泊LOVE

高知県で車中泊〜温泉と海の幸三昧「道の駅なかとさ」に行ってきた
2月も月イチの連休を使って、高知県へ車中泊の旅へ行ってきました。 定休日の前日に仕事が終わってから出て、ひとまず淡路SAへ。 淡路SAで寝るかどうかは到着後の疲れ具合で決めようと出発したものの、着いた途端バタンキューだったので、翌朝高知県へ向けて出発しました。 淡路SAについては以前詳しく書いています。↓ 目的地は「道の駅なかとさ」と周辺にあるいろいろ。 で、行った感想ですが、特に長期車中泊旅の際に立ち寄る道の駅として、間違いなくおすすめの道の駅でした。 この記事のポイント 道の駅なかとさの良いとこ&残念なとこ 中土佐久礼は長期車中泊旅行中に立ち寄るのに最適

道の駅でのアイドリング禁止はマナーとして定着してきています。

もしこれから車中泊をお考えであれば、そのあたりも考慮した車中泊仕様を考えていく必要があります。

設備満載のキャンピングカーでなくても、車中泊は十分楽しめます。
というよりも、その不便さが楽しいのです。

はじ丸の車中泊スポット記録↓

車中泊スポットMAP&一覧

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸